• 亜麻仁油に含まれるα-リノレン酸は循環器系を改善

    亜麻仁油は、亜麻という植物の種子から得られる油です。


    空気に触れると酸化して固くなる性質のため、ペンキや絵の具などに利用されてきました。しかし近年になって亜麻仁油に含まれるオメガ3系脂肪酸のα-リノレン酸に、循環器系疾患のリスクを低減させる効果があるという研究結果が報告され、食用向けの亜麻仁品種が開発されるようになりました。

    現在は亜麻仁油という食用油が製品化されているほか、植物性の食用油にも含まれています。亜麻仁油に含まれるα-リノレン酸は、血液中の悪玉コレステロールを減少させるほか、冠動脈疾患を予防する作用があるという実験結果があります。また一部研究では、抗ガン効果があるという報告もあります。


    さらにα-リノレン酸は体内に入ると、その一部がDHAとEPAに変換されるため、DHAとEPAの効果も期待できます。

    DHAとEPAもオメガ3系脂肪酸で、主に青魚の油に含有されている成分です。

    マイナビニュースに有効な知識の紹介です。

    DHAは脳の働きを活性化したり、血中の中性脂肪値や血圧を下げる効果があります。



    EPAは血管機能を改善して、悪玉コレステロールや血圧を低減させる効能を持っています。そのためオメガ3系脂肪酸全体が、循環器を改善する効果があると考えられています。

    しかしDHAとEPAの臨床実験などは数多くされていますが、α-リノレン酸の研究は少ないため厚生労働省では現時点で確実な効果を認めていません。


    ただし将来魚資源が枯渇した場合は、α-リノレン酸が重要になると予測しています。



    なおα-リノレン酸は体内で合成されない必須脂肪酸のため、食品から摂取しなければなりません。

    そのためα-リノレン酸を含んだ多くの健康サプリメントが発売されています。